第12期全国人民代表大会第5回会議の政府活動報告に関する決議

澳门利来线上娱乐

2018-10-05

中国の第12期全国人民代表大会第5回会議は5日午前9時に人民大会堂で開幕し、中国国務院の李克強総理は大会に政府活動報告を行った。 新華網北京3月16日 第12期全国人民代表大会第5回会議は、李克強国務院総理が行った政府活動報告を聴取し、審議した。 会議は国務院の過去1年の活動を十分に評価し、報告で提起された2017年の活動の全体的配置や目標任務、重点活動及び政策措置に同意し、この報告を承認することを決定した。

会議は、全国の各民族人民が習近平同志を核心とする党中央の周りに緊密に団結し、中国の特色ある社会主義の偉大な旗印を高く掲げ、中国共産党第18回全国代表大会(「十八大」)とその第3回全体会議(三中全会)、第4回全体会議(四中全会)、第5回全体会議(五中全会)、第6回全体会議(六中全会)の精神を全面的に貫徹実施し、また鄧小平理論、「三つの代表」(先進的生産力発展の要請、先進的文化発展の方向、最も広範な人民の根本的利益の三つを代表すること)の重要思想や科学的発展観を導きとし、習近平総書記の一連の重要談話の精神と国政運営の新思想新戦略を深く学習徹底させ、「五位一体」(経済建設、政治建設、文化建設、社会建設、生態文明建設)の総配置を統一的に推進し、「四つの全面」(即ち「小康社会の全面的実現」、「全面的な改革深化」、「全面的な法による国の治めの推進」「全面的な厳しい党治」)の戦略的配置を協調的に推進し、安定を保ちながら成長を進めるという全体基調を堅持し、新発展理念をしっかりと確立して徹底的に実行し、経済発展の新常態(ニューノーマル)に適応、把握、導き、発展の質効率向上を中心とすることを堅持し、供給側構造改革の推進を主軸とすることを堅持し、総需要を適度に拡大し、予期的指導を強化し、革新の駆動力を深め、安定成長、改革の促進、構造調整、民生への恵み、リスク防止という各仕事を全面的に着実に行い、団結一致し、堅塁を攻撃し困難を克服し、発奮して何事かなさんとして真剣に取り組み、経済の安定した健全な発展と社会の調和安定を維持し、中国共産党第19回全国代表大会(「十九大」)の勝利の開催をきわめて優れた成績で迎えようと呼びかけた。 (新華社より)関連記事:。